2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
半年間の憂い
- 2007/01/25(Thu) -
今日の風はすごかったですね。
夜勤明けで、吹き飛ばされそうになりながら帰ってきました。

ここのところブログの更新が滞っていたにもかかわらず、訪問してくださった方、ありがとうございます。
私の中でも小さな嵐が吹いていてブログを書こうと思ってもキーボードの上の指が動かず、他のサイト様へのコメントも書けずにいました。

皆さまに忘れられてしまう前に、少しずつ復活できればいいなと思っています。



そんな日々の中で憂いていたことが一つ解決しました。
このことは書こうかどうかすごく迷ったのですが。


ようやく、HIV(ヒト免疫不全ウイルス=エイズ)の疑いが晴れました。
暴露したのはほぼ半年前、去年の5月のことです。
感染場所は職場。
いかがわしいところではありません。
念のため。(--)ノ

私の勤めている病院はHIV患者は受けないことになっているので、こんなことはあり得ないことです。
でも運の悪いことに色んな悪い偶然が重なってしまいました。
何の検査もせずに分娩になってしまった人がHIV陽性者だったんです。

詳しい経緯は割愛しますが、夜中の急な分娩で何の検査結果も貼っていないカルテを見て愕然としました。
その日の外来で全部検査をすることに決まっていたのですが、検査の前に陣痛がきてしまったのです。
お産自体はスムーズで、幸いなことに出血も少なく赤ちゃんも元気でした。

産婦さんは外国人ですごく嫌~な感じがしたんですよ。
「なんかこの人、怪しい」って。
分娩のときは病院の感染症マニュアルに則ってすべて感染扱いでやりました。
まぁ、当然の義務ですね。
でもいつもと違う気がしたので、普段は使わないでっかいマスクに感染分娩用の着衣で完全防備。
後片付けから機械洗い、患者さんの血液が触る場面は一切合切全部一人で片付けました。
何かあったときになるべく他のスタッフを巻き込みたくなかったのです。
それでも新生児の受け取りなど、どうしようもないこともありましたが。


その日、夜勤明けで寝ていたら病院から電話がかかってきて、「実は夜中のお産の人、HIVでした。」といわれたときは背筋が凍りました。



翌日すぐにHIVの検査をして、その後2週間、1ヶ月、3ヶ月、半年と検査をして全部陰性でした。
陽性だったらこんなことしてられませんよね。(笑)

翌日すぐに検査をしてもらったのは私の希望です。
もし陽性に出た場合労災扱いになるのですが、現時点で陰性だという証明が欲しかったので病院に私のほうから申し出てやってもらいました。
最初病院から、今すぐの検査は必要ないといわれたときは「他の医療機関とか保健所に言いふらしていいんだな!」と脅したのは内緒です。(* ̄m ̄)プッ


今日小児科医が生まれた赤ちゃんのことを教えてくれました。
不幸なことに赤ちゃんも感染していたそうです。
ちゃんと治療して帝王切開で出産していたら、感染の可能性はほとんどなかったのに。
残念でなりません。


こんな不幸なことが世の中に少しでもなくなりますように。
この記事のURL | 仕事のこと | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<紅梅 | メイン | ギンネム-グアムの花>>
コメント
- HIV -
fuulさんには感染していなかったのですね
とりあえずよかった(^^)
赤ちゃんがちょっと可愛そうだけど・・・
何の罪も無いのに感染だなんてこんなことがなくなればいいのにと思います。
2007/01/25 21:13  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

- ヒャー! -
職業柄・・とはいえ、大変な事態ですね。
でも、感染していなかったのは、直感&それなりの準備の賜物のおかげですね。 よかったです^^
そういえば、仙台の方で、陽性の人に陰性の知らせをしたとか・・・折角勇気をふるって検査をしたのでしょうに、その結果で感染者が増えないといいですけれど・・。

赤ちゃんの将来考えると・・・辛いですね。
2007/01/25 23:31  | URL | われもこう #-[ 編集] |  ▲ top

- ■ しーたけさん -
>fuulさんには感染していなかったのですね
もし感染してたら私の人生狂っていました。
いくら労災から治療費が出るとしてもHIV感染者を使ってくれる医療機関はないですから、今の仕事は断念せざるを得なくなります。
治療をすれば延命はできますけど、死の恐怖との戦いを余儀なくされます。
精神的なことも含めて想像を絶する苦悩でしょうね。

この世に生を受けていきなりこのような辛い病気に感染させられた赤ちゃん、気の毒でなりません。
救える可能性のほうが大きかったことが腹立たしいです。
2007/01/26 11:33  | URL | fuul>しーたけさん #t50BOgd.[ 編集] |  ▲ top

- ■ われもこうさん -
>職業柄・・とはいえ、大変な事態ですね。
今回の事件、どのくらい重大にとらえるか人によってずいぶん違うものだと思いました。
「だいじょうぶよぉ~そんなに簡単に移るもんじゃないわよー」などと言って慰めてくれる人もいましたが、所詮その程度にしか考えられないのかと情けなくなりました。
その人にとっては他人事でしかないですから仕方ないとは思いますが、こういう人に限って自己防衛ができなかったりするんじゃないかと思います。
HIVを取り扱ったのが私でよかったのかもしれません。
赤ちゃんは気の毒としかいいようがないです。
2007/01/26 11:42  | URL | fuul>われもこうさん #t50BOgd.[ 編集] |  ▲ top

- 同じような事。。 -
結核の感染の疑いがありました。
私は関係が無いのですが。

バブル崩壊した後、馴染みの旅行の添乗員と旅行の企画を立てると、職場にはあまり来ないのです。
こちらから電話をかけると通じない。普通営業マンは携帯の番号は変えない。会社に連絡しても通じない。

怪しいので、私が色々支持すると余計な事するなと経営者から。
結局結核に感染しt添乗員と、旅行に行った会社の方が数名いました。数ヵ月後、妊娠が解り冷や冷やした社員もいました。

宴会中、何度か咳き込んでいた事を後から聞いた時「結核じゃないの?」と勝手に想像。丁度この時期結核が一時的に流行した頃でした。

周囲が、私の考えが当たっていた事に気が付いた時は既に遅かったと。。
職場で感染者の可能性がある人は、レントゲン検査の対象。女性は大変でした。
2007/01/26 22:34  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

- ■ ふん転菓子さん -
感染症は怖いですね。
自己防衛と罹ってしまってからの迅速適切な対処が大事です。
薬で治る感染症ならまだいいのですが…

今年はインフルエンザの噂をあまり聞かないのですが油断大敵ですね。
ふん転菓子さんは感染症より花粉症のほうが怖かったりして。(笑)
2007/01/26 23:16  | URL | fuul>ふん転菓子さん #t50BOgd.[ 編集] |  ▲ top

- うーん… -
結果、出たのですね!!fuulさんが感染していなくて本当に良かった。あの事件、私はあまり詳しく知らず(関わってないしHPもあまり声を大にして言ってないから…それも問題だけど。)時の流れと共に薄れてんなーとは思っていましたが。

私たちの職業は常にこういった危険と隣りあわせなのだと認識がやっぱり大切ですよね。どこかで根拠のない「自分は大丈夫」「HIVなんて罹るわけない」という想いが私も含めてあったりするのでしょう。無知、無自覚って本当に怖い。fuulさんの日記を読んで、改めて気を引き締めたハンナースでございます。

fuulさんが陰性でほんとにホッとしたー・゚・(ノД`;)・゚・
2007/01/27 13:33  | URL | ハンナース #-[ 編集] |  ▲ top

- ■ ハンナースさん -
ホントよかったよぉ~ん。(T▽T)
心配してくれてありがとね♪
他のスタッフも無事でよかった。
部長に「外部に口外しないように」と言われたときはマジでキレました。
もちろん、みんなに言いふらしましたけどね。(笑)
この事件で感染に対する認識の薄さに唖然とすることもあったけど、これを教訓にしていってもらえたらと思ってます。

色んなことあるけど、これからも頑張ろうね♪
来月、いっしょの勤務があるといいなぁ~
2007/01/27 18:42  | URL | fuul>ハンナースさん #t50BOgd.[ 編集] |  ▲ top

-  -
一瞬たりとも気の抜けない職場で、日々戦って
いらっしゃるのですね。そんなこととはつゆ知らず、
fuulさんの写真で勝手に癒されていてゴメンナサイ…!

何はともあれ、ご無事でなによりです!
2007/01/28 02:33  | URL | トリコ #-[ 編集] |  ▲ top

- ■ トリコさん -
>一瞬たりとも気の抜けない職場で、
そうなんです!
といいたいとこなんですけど、メンツによってはゆるゆるやってるときもあります。(笑)
肝心なとこはビシっと決めますけどね。
プロですから。一応。

>fuulさんの写真で勝手に癒されていてゴメンナサイ…!
私の拙い写真で和んでいただければこれほど嬉しいことはないです♪
そう言っていただけると、すんごい励みになります。

>何はともあれ、ご無事でなによりです!
ありがとうございます。
こういうことって白が確定するまではナカナカ言えないもんですね。
2007/01/28 18:06  | URL | fuul>トリコさん #t50BOgd.[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://fulful.blog29.fc2.com/tb.php/349-0a5323bb
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。